法人税の達人/新年度版(31年度版)インストール後に必要な操作

令和元年5月25日法人税の達人(平成31年度版)のダウンロードが開始されました。
31年度版をインストール後に必要な操作がございますので、ご案内いたします。

  • データベースの新規作成(professional Editionは親機で操作)
  • 翌期繰越(30年度版で操作)
  • 旧プログラムデータのコンバート(31年度版で操作)

【 データベースの新規作成 】
(1) 31年度版を初回起動時に、自動的にデータベースの新規作成の画面が表示されます。
※表示されない場合は、[ウィザード]-[データベースの新規作成]を起動してください。
下図の画面が出ましたら[次へ]をクリックします。

データベースの新規作成

(2) データベース名を入力いただき、[次へ]をクリックします。

データベース名

(3) 場所の変更がなければそのまま、[次へ]ボタンをクリックします。

デーベースの作成場所

(4) 完了ボタンをクリックします。

完了

【 翌期繰越 】

(1)30年度版の法人税の達人を起動します。

(2)メニューバーの[ファイル]-[翌期繰越]をクリックします。

翌期繰越

(3)下図の画面が出たら[閉じる]をクリックします。

(4)翌期繰越を行うデータをクリックして選択し、[選択]をクリックします。

データ選択

(5)[確定]ボタンをクリックします。

確定

【 旧プログラムデータのコンバート 】

(1)31年度版の法人税の達人を起動します。

(2)メニューバーの[ファイル]-[旧プログラムデータのコンバート]をクリックします。

旧プログラムデータのコンバート

(3)下図の画面が出たら[閉じる]をクリックします。

(4)[コンバート元]のリストから コンバートするデータをクリックして選択し、実行ボタンをクリックします。
※複数のデータを一度にコンバートする際は、ctrlキーを押しながらデータをクリックすることで複数のデータが選択できます。
※[コンバートを行ったデータは、旧バージョンのデータベースから削除する]にチェックを付けた場合、選択したデータは30年度版のデータベースから削除されます。

データ選択

以上の操作で、31年度版がご利用いただけるようになります。